読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画備忘録「二十四の瞳」

映画

二十四の瞳

1954年公開。上映時間156分。貧しい暮らしの中でも直向きに生きる子供達の無垢な瞳の輝き、小豆島の自然豊かな風光、そこに響き渡る「仰げば尊し」「七つの子」「故郷」「浜辺の歌」「蝶々」などの唱歌。私が生まれる随分前の時代の話ではあるが、ノスタルジックな気分になる。戦争映画は数多くあるが、この映画では女性の目線、子供を思う母親の目線から観た戦争が描かれている。軍国主義に突き進み、厳しい言論統制が敷かれる状況の中で、不条理な大人の都合を無理強いする事なく、不遇な子供達に寄り添い、子供達と同じ目線に立って共に泣き笑いする大石先生の姿には胸を打たれた。後半は涙なしでは観られなかった。この映画の良さは、残酷で悲惨な戦争という背景が有ってこその物なので、手放しで称賛する気にはなれないが、本当に大切なものは何なのか考えさせてくれる、深く心に留めておきたい素晴らしい作品。

名匠・木下惠介監督が、美しい小豆島を舞台に高峰秀子の主演で描いた永遠の名作。瀬戸内海に浮かぶ小豆島で12人の生徒たちを教えることになった大石先生。しかし、貧しい村の子供たちは希望通りに進学できず、やがて戦争の嵐に飲み込まれていく…。 

木下惠介生誕100年 「二十四の瞳」 [DVD]

木下惠介生誕100年 「二十四の瞳」 [DVD]