読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画三本備忘録【麦の穂・仁義・ライム】

映画

麦の穂をゆらす風

 2006年公開。イギリスの名匠ケン・ローチ監督の作品。タイトルは爽やかだが、内容は暗く重たい。とにかく悲しい。愚かで汚い戦争の話。アイルランドの自然や、ヒロインのシネードは大変美しかった。アイルランドに限らず、多くの国の人々が享受している平安の裏には、こういった暗く悲しい混乱と紛争の歴史があるのだと思うと、慈悲の念を抱かざるを得ない。戦争の狂気と、その狂気に飲まれていく人々の様がうまく描かれていた。光があれば影もある。賢さの裏には愚かさがある。必要悪、必然悪なのかも知れないが、二度とこのような虚しい争いは起こって欲しくないし、加担したくない。平和の有難みや大切さを再認識出来た。

1920年、英国からの独立のため、アイルランドの若者たちは義勇軍を結成する。医者を目指してロンドン行きを決意していたデミアンも冷酷な英国軍の仕打ちに怒りをつのらせ、兄とともに闘いに身を投じる。そして和平条約を手にしたアイルランド。しかし、条約の内容を不服とし、完全な自由を求める者と条約を受け入れようとする者で国内は対立。内戦に発展していってしまう。デミアンは完全な自由を求めるが、兄は条約を受け入れようとし、兄弟は真っ向から対立してしまう。

 

 

 

仁義なき戦い 広島死闘篇

千葉真一演じる大友は下品で粗暴極まりなく、まさに人語を話すゴリラ。見事な演じっぷりで、観ていて気持ちが良かった。北大路欣也演じる山中も完璧に役にハマっていて、どうしようもない人間臭さと、哀愁を醸し出していた。戦後の混沌とした広島で泥臭く荒々しく生きるやくざ達の姿が生々しく描かれていて、エネルギッシュな作品でした。

 朝鮮動乱期の二大組織の血みどろの闘い、組長の野望の陰で死んでゆく若きやくざ達の青春像を描くシリーズ第2弾。昭和27年、呉。村岡組と大友連合会は再び抗争。刑務所入りしていた山中は大友連合会から凄惨なリンチを受けて裏切りを選び、村岡組の組員となった…。

仁義なき戦い 広島死闘篇 [DVD]

仁義なき戦い 広島死闘篇 [DVD]

 

 

 

 

ライムライト

老成したチャップリンのジジくさいアフォリズム満載。年の離れたヒロインとの見返りを求めない純粋な愛は心洗われるが、老いたチャップリンの芸には全盛期のキレは無く、虚しく、物哀しいばかりで笑えない。それでも舞台に立ち続け、最期は何故か大ウケして、舞台で綺麗に死にやがった。ええ格好しやがって、チャップリンのあほんだら。

チャールズ・チャップリンが老コメディアンの愛と献身を描いた感動ドラマ。老芸人・カルヴェロは、自殺未遂を図ったバレリーナを助ける。脚の病気で2度と踊れないと嘆く彼女をカルヴェロは献身的に励まし、やがて彼女は再び舞台に立つが…。

ライムライト Limelight [Blu-ray]