読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな宿酔の夜は波打際で嘔吐したい

その他

 

僕は失望した。あらゆる現象に。性懲りも無く、またやってくる春に。忘れられていく薄情な時間の軽さに。束の間の快楽も、すぐに苦悩に変わる。喉が渇いた。ビールが飲みたい。ほらね。逃げ出してしまおう。こんな宇宙。ひどいよ。おかしいじゃないか。どこか抜け道があるはず。必ず。

ネマティックの隙間から電脳都市に潜り込むと、カチャカチャと軽快な旋律と心臓に悪そうな重低音が一定のリズムで鳴り響いていて、近未来的に着飾ったアルゴスの子供達が踊り狂っていた。僕はその狂気に圧倒されて、そこにいた背広姿の大柄な助っ人外国人にマシュマロを投げつけた。ホワイトデーにマシュマロをあげるという事は「あなたの事が嫌い」という事だと誰かが言っていた。そんな事知りませんでした。僕はマシュマロが好きです。僕は好きな人に好きなマシュマロをあげます。

大きな大きなマシュマロを口いっぱいに頬張ったまま早春の草原を駆け抜ける君の着ている白いワンピースが陽光に透けている。僕は幼少期に毎日見ていた実家の寝室の障子戸から透ける月光と街灯の仄かな光を思い出した。その光を初めて美しいと思った夜、僕は短い夢をみた。

あの夜、夢に出てきた綺麗な虹色の鳥が、どんなモーツァルトよりも美しい旋律で鳴いた。しかし、夢から醒めると、そのメロディをすっかり忘れてしまっていた。だから僕はあの旋律を再現する為にピアノを弾き続けた。ペンタトニックの、簡素な旋律だった筈なのに、全然思い出せない。ああでもない、こうでもないと、僕は狂ったようにピアノを鳴らし続ける。

結果を急いでもろくな事はない。山、川、海。あらゆる自然の美しさと秩序は一朝一夕で出来たものではない。しかもまだ、完成していない。人間のたった100年程の寿命で、何が出来るって言うんだ。

完璧主義を直そうなんて考えが完璧主義的。その完璧主義を利用して何か素晴らしいものを創作すればいいのに。短所も使ってしまえば便利な道具。君の厨二病を炸裂させてください。

ネマティックの隙間から声がする。ひょうひょうとした、あいつの声だ。「金も無いし、家族も友達も恋人も居ないよ。だからなんなの?」

ネマティックの隙間から電脳都市に潜り込むと、カチャカチャと耳障りな電子音と心臓に悪そうな重低音が一定のBPMで鳴り響いていて、近未来的に着飾ったアルゴスの娘達がキャーキャー喚きながら修学旅行の枕投げみたいなテンションでマカロンを投げ合っている。無数のカラフルなマカロンと甲高い喚き声が宙空をレーザービームのように飛び交っている。僕はその狂気に圧倒されて、耳を塞いでメトロに乗り込み、電脳都市の深層へと突き進んだ。最奥部まで進むと、デザイナーズマンションの一室のような無機質なモノトーンの部屋がある。その内部では、ファッションのように孤独を纏った優秀な金髪の人工知能が、即席の旋律を街にばら撒いて、メランコリアを叩き売りしている。こいつを止めれば、この電脳都市の喧しい音楽は鳴り止む。

「そんなインスタントな音楽を量産して子供達を騙し続けたって、彼等の虚しい青春の火を燃やす燃料にされるだけで、なんにも残らない、消費されて、棄てられるだけじゃないか。それに、歌姫だなんて呼ばれて祭り上げられて、無表情で歌い踊らされる彼女はまるで操り人形じゃないか」

しかし僕は気付いてしまった。彼もまた、哀れな操り人形である事に。彼は感情を失う為に寝る間も惜しんで即席の旋律を量産し続けているのだ。

踊っている最中、踊っている自分を眺めているもう一人の自分に気がつく事があるんだ。そいつが黒幕だ。しかしそいつには何を言っても暖簾に腕押しで、ただこちらを無表情で眺めているだけなんだ。

駄目だ、またあいつだ。あいつが見ている。すべてが無意味に思えてくる。当たり前だよ。そう、すべては無意味だ。意味を求めるから苦しいんだ。無意味だからやるんだ。なんでもいい。なんでも、無意味なんだから。みんな無意味なのに真面目くさってやってるんだぜ。面白いよね。すべて無意味なんだから、何やっても面白い。それが困難であるほど面白いじゃないか。だって無意味なのにわざわざやってるんだから。この世の一切はギャグだ。渾身のギャグだ。それはシュールレアリズムだ。もう少し、無意味に生きてみようぜ。どうせ無意味なんだから。

 

 

エイワ ホワイトマシュマロ 110g×12袋

エイワ ホワイトマシュマロ 110g×12袋

 

 

 

映画備忘録「二十四の瞳」

映画

二十四の瞳

1954年公開。上映時間156分。貧しい暮らしの中でも直向きに生きる子供達の無垢な瞳の輝き、小豆島の自然豊かな風光、そこに響き渡る「仰げば尊し」「七つの子」「故郷」「浜辺の歌」「蝶々」などの唱歌。私が生まれる随分前の時代の話ではあるが、ノスタルジックな気分になる。戦争映画は数多くあるが、この映画では女性の目線、子供を思う母親の目線から観た戦争が描かれている。軍国主義に突き進み、厳しい言論統制が敷かれる状況の中で、不条理な大人の都合を無理強いする事なく、不遇な子供達に寄り添い、子供達と同じ目線に立って共に泣き笑いする大石先生の姿には胸を打たれた。後半は涙なしでは観られなかった。この映画の良さは、残酷で悲惨な戦争という背景が有ってこその物なので、手放しで称賛する気にはなれないが、本当に大切なものは何なのか考えさせてくれる、深く心に留めておきたい素晴らしい作品。

名匠・木下惠介監督が、美しい小豆島を舞台に高峰秀子の主演で描いた永遠の名作。瀬戸内海に浮かぶ小豆島で12人の生徒たちを教えることになった大石先生。しかし、貧しい村の子供たちは希望通りに進学できず、やがて戦争の嵐に飲み込まれていく…。 

木下惠介生誕100年 「二十四の瞳」 [DVD]

木下惠介生誕100年 「二十四の瞳」 [DVD]

 

 

 

映画備忘録【夢と横道】

映画

横道世之介

2013年公開。原作は吉田修一。監督は沖田修一。上映時間160分と長くはあったが、平凡な中にも様々なドラマ有りで、最期まで飽きる事なく楽しく観れた。主人公、世之介役の高良健吾の演技が嫌味なく自然で好感を持てた。ヒロインを演じた吉高由里子も可憐で少し不思議な雰囲気の役柄にハマっていた。登場人物たちが皆あまりに純粋で善人過ぎるが、ヤクザ映画や戦争映画や年寄りの憐憫映画を観た後だったので、こういう爽やかでピュアな青春映画に癒された。映画は観るタイミング、観る時の精神状態によって感じ方が全然違ってくる。そういった条件も相まって、良かった。面白かった。

 吉田修一の同名小説を『キツツキと雨』の沖田修一監督が映画化。人の頼みを断れないお人好しな青年・横道世之介と彼を取り巻く人々の80年代の青春模様と、その後の人生を描いた青春ドラマ。

横道世之介 [DVD]

横道世之介 [DVD]

 

 

 

 

 1990年公開。黒澤明監督作品。監督自身が見た夢を元に製作された全8話からなるオムニバス作品。最初の「日照り雨」の虹の掛かった花畑の幻想的なラストシーンは圧巻の美しさ。二つ目の「桃畑」も甚だ神秘的で、音楽も脚本も構図も完璧。素晴らしかった。ゴッホの絵の世界に入る「鴉」も面白かった。「鬼哭」も角が痛んで苦しむ鬼達の姿がおどろおどろしくて凄味があった。印象的なシーンの連続で、観ていて飽きない。後半は鋭い文明批判。映画自体も文明の賜物だとは思うが、晩年になってもこの様なある種の緊張感と誠実さ、情熱と鋭い眼差しを持って映画を撮り続けた黒澤監督の姿勢には感心する。

黒澤明が、自分の見た夢をもとに撮りあげたオムニバス。「日照り雨」、「桃畑」、「雪あらし」、「トンネル」、「鴉」、「赤富士」、「鬼哭」、「水車のある村」の8話を収録。

夢 [DVD]

夢 [DVD]

 

 

 

映画三本備忘録【麦の穂・仁義・ライム】

映画

麦の穂をゆらす風

 2006年公開。イギリスの名匠ケン・ローチ監督の作品。タイトルは爽やかだが、内容は暗く重たい。とにかく悲しい。愚かで汚い戦争の話。アイルランドの自然や、ヒロインのシネードは大変美しかった。アイルランドに限らず、多くの国の人々が享受している平安の裏には、こういった暗く悲しい混乱と紛争の歴史があるのだと思うと、慈悲の念を抱かざるを得ない。戦争の狂気と、その狂気に飲まれていく人々の様がうまく描かれていた。光があれば影もある。賢さの裏には愚かさがある。必要悪、必然悪なのかも知れないが、二度とこのような虚しい争いは起こって欲しくないし、加担したくない。平和の有難みや大切さを再認識出来た。

1920年、英国からの独立のため、アイルランドの若者たちは義勇軍を結成する。医者を目指してロンドン行きを決意していたデミアンも冷酷な英国軍の仕打ちに怒りをつのらせ、兄とともに闘いに身を投じる。そして和平条約を手にしたアイルランド。しかし、条約の内容を不服とし、完全な自由を求める者と条約を受け入れようとする者で国内は対立。内戦に発展していってしまう。デミアンは完全な自由を求めるが、兄は条約を受け入れようとし、兄弟は真っ向から対立してしまう。

 

 

 

仁義なき戦い 広島死闘篇

千葉真一演じる大友は下品で粗暴極まりなく、まさに人語を話すゴリラ。見事な演じっぷりで、観ていて気持ちが良かった。北大路欣也演じる山中も完璧に役にハマっていて、どうしようもない人間臭さと、哀愁を醸し出していた。戦後の混沌とした広島で泥臭く荒々しく生きるやくざ達の姿が生々しく描かれていて、エネルギッシュな作品でした。

 朝鮮動乱期の二大組織の血みどろの闘い、組長の野望の陰で死んでゆく若きやくざ達の青春像を描くシリーズ第2弾。昭和27年、呉。村岡組と大友連合会は再び抗争。刑務所入りしていた山中は大友連合会から凄惨なリンチを受けて裏切りを選び、村岡組の組員となった…。

仁義なき戦い 広島死闘篇 [DVD]

仁義なき戦い 広島死闘篇 [DVD]

 

 

 

 

ライムライト

老成したチャップリンのジジくさいアフォリズム満載。年の離れたヒロインとの見返りを求めない純粋な愛は心洗われるが、老いたチャップリンの芸には全盛期のキレは無く、虚しく、物哀しいばかりで笑えない。それでも舞台に立ち続け、最期は何故か大ウケして、舞台で綺麗に死にやがった。ええ格好しやがって、チャップリンのあほんだら。

チャールズ・チャップリンが老コメディアンの愛と献身を描いた感動ドラマ。老芸人・カルヴェロは、自殺未遂を図ったバレリーナを助ける。脚の病気で2度と踊れないと嘆く彼女をカルヴェロは献身的に励まし、やがて彼女は再び舞台に立つが…。

ライムライト Limelight [Blu-ray]
 

 

 

 

 

ラザニア

音楽

石川浩司「ラザニア」

youtu.be

 

 

とても不器用だった 産まれて良かったね
体の一部が不自由だった 産まれて良かったね
みんなにいじめられた 産まれて良かったね 
性同一性障害だった 産まれて良かったね
親が人殺しだった 産まれて良かったね
親に捨てられた 産まれて良かったね
死んだ方がましだと思った 産まれて良かったね

ラザニアが今日はうまく焼けたよ
ラザニアが今日はおいしく出来たよ

産まれて良かったね 産まれて良かったね 
産まれて良かったね 産まれて良かったね
産まれて良かったね 

産まれて良かったなあ

 

 

 

たま ナゴムコレクション

たま ナゴムコレクション